Kaoru Fuji

YAMATO MANUFACTURING Co.,Ltd

Archive for the ‘プレスリリース’ Category

うどん県発の製麺機トップシェアメーカーが、東京にパスタの学校を開校

うどん・そば・ラーメン・パスタの小型製麺機製造・販売を手掛け国内トップシェアを誇る株式会社大和製作所(所在地:香川県綾歌群宇多津町、代表取締役:藤井薫)は、パスタの学校を、2015年6月16日(火)より開校します。 「ただ製麺機だけ作っても、お客様のお店が繁盛しなければ意味がない。」その思いが「麺の学校」を誕生させてから15年。今や全世界で3,400人以上の卒業生を誇り、数々の名店を輩出し続ける「うどん・蕎麦・ラーメン学校」を東京・香川で毎月開催している大和製作所が、この度「パスタの学校」を開校します。 こだわりの自家製生パスタで勝負するお店が増えている昨今、新生「大和パスタ学校」はそんな業界に対応できる人材を育成する為に、製麺講習からソース講習、盛り付け、経営ノウハウまでをトータルで学ぶことができる6日間の学校です。現在の麺業界では、繁盛店のメニューを見ても、うどん・そば・ラーメン・パスタの境界がなくなってきています。日本の美味しい麺文化と海来のパスタの文化が融合した弊社オリジナルの生パスタを活かした授業にご期待下さい。 <こんな方にオススメ> ●イタリアン・パスタ専門店・カフェ店を開業検討している方 ●既に開業中のオーナー様で、自家製の生パスタの提供を思案中の方 <開催場所> 大和製作所 東京支店 ドリームスタジオ東京 東京都品川区北品川一丁目8番11号 Daiwa品川Northビル1階 <開催期間> 2015年6月16日(火)~2015年月21日(日) (スケジュール内訳:実習:6/16~19 / 経営ノウハウ講義6/20~21) <定員> 8名(満員御礼) 【今後の展望】 弊社の代表や専門スタッフ自らが、欧州や北米視察を長年続けてきた結果、生パスタはいかに自由であり、フレキシブルであるかがよくわかりました。世界には、日本では見られないような想像もつかない生パスタがたくさんあり、そのバラエティはラーメンよりはるかに豊かなのです。 従って、生パスタ業界は典型的な競争変数の非常に多い業界であり、大手企業が参入するのが難しく、寡占化が起きにくい業界です。今から生パスタ業界に参入しても、際立った個性で勝負すれば、成功しやすい業界であると言えるのです。 同時に、時代の大きなトレンドに合っているビジネスでもあるのです。当社は40年麺一筋で研究を続けて来ましたが、ここ10年はパスタを深く研究して来ました。世界中のパスタを研究しマンマの手打ちのパスタにも多くを学びました。その研究成果を踏まえ、当社は今後、パスタ学校を通して際立った個性のある、多くの生徒さんたちを世の中に送り出し、パスタ業界の変革のお手伝いをしたいと思っております。 【株式会社大和製作所について】 会社名  株式会社 大和製作所 代 表  藤井 薫 資本金  90,000(千円) 設 立  昭和55年4月1日 創 業  昭和50年10月 住 所  〒769-0203 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37番4 電話番号 0877-85-6168 FAX番号 0877-56-7317 URL   http://www.yamatomfg.com 機関紙  YAMATO通信: http://www.yamatotsushin.com 事業内容 うどん・そば・ラーメン用製麺機 製造販売 うどん・ラーメン・そば・パスタ学校の運営 麺専門店経営・店舗運営相談、新規開業トータルプロデュース事業 【本件に関するお問い合わせ先】 企業名:株式会社大和製作所 担当者名:南木(なんき) TEL:0877-85-6184  

TV取材 オーストラリアのTV局 SBS

オーストラリアのTV局 SBS に、大和製作所 ラーメン学校を取材いただき放映いただきました。 ありがとうございます! Destination Flavour Japan http://www.sbs.com.au/shows/destinationflavourjapan/episodes/detail/episode/4791/season/1

NHK 英語ニュースで取材いただいた内容が大学生向け英語教材の記事になりました。

この度、NHK WORLDの[NEWS LINE]で放送されました 弊社のラーメン学校の映像が 大学生向け英語教材「What’s on Japan 8」(金星堂)に採用されました。 金星堂ホームページよりサンプル PDFダウンロード[unit 1]を選ぶと実際の教材 「Ramen Revolution」をダウンロード可能です。 https://www.kinsei-do.co.jp/?t=detail&c=3973 今後とも大和麺学校を宜しくお願い申し上げます。 —————————————————————– What’s on Japan 8 NHK English News Stories DVDで学ぶNHK英語放送/日本を発信する8 Contents Ramen Revolution ラーメン学校に外国人 Top Twirler バトントワリング―超人的な技 Hope for the Future 津波に濡れた手紙―娘からの愛 How to Beat the Heat 電気0円で涼しい夏 Party, Brazilian-style 浅草サンバカーニバル―競技への情熱 Smart Phones, Smart Kids 知育アプリで子育て Frozen Frontier 新鮮保存の画期的冷凍技術 Top Skills on Display プライドかけたコマ対戦 Reality Check 漫画家が描く被災地 Saving the… Read More

大和製作所 創業38周年

大和製作所 創業38周年 本日は、当社の満38歳の誕生日です。 多くの善意のお客様方に支えられ、多くの素晴らしいスタッフたち、関係者の 方々に恵まれ、こうして素晴らしい38歳を迎えることが出来ました。 これから更に大きな夢の実現に向かって、われわれは切磋琢磨し、周りに良い 影響を及ぼし続け、使命の実現に向けて歩み続けます。 FoodEntertainment Company Yamato’s 38th anniversary

製麺機メーカーのトップシェア企業が開講の「うどん学校」 には、海外からも学びにくる生徒が増えています。

香川県にある「日本唯一のうどん学校」卒業の「うどん店」は大震災、節電、円高、景況感の悪化・・・など、飲食大不況にも関わらず、右肩あがりで業績をのばしており、卒業生は海外にまで飛躍しています。 業界トップシェアの製麺機メーカー、株式会社大和製作所(ヤマトセイサクショ・本社:香川県綾歌郡、代表取締役社長:藤井 薫)は、『美味しい麺』にこだわるあまり、麺店開業支援学校をつくり、これまでに約2000名の卒業生を輩出しています。 「うどん店」は一般的には「未経験者でも簡単に出来、比較的、初期投資が低く粗利が良い」と思われていますが、現実には年間、約3000店が開店し、ほぼ同数が閉店している大変なビジネスです。 リーマンショック後、特に大震災もあって、飲食店は今、氷河期の時代。たとえば、美食酒家「ちゃんと」や社長の「マネーの虎」出演で知られた「株式会社エイチワイシステム」など、有名チェーンも次々に倒産しているほど。 そんな中、大和製作所のうどん学校を卒業した生徒は、個人経営が主流ながら、地元でも人気店として繁盛し、きちんと利益を出せています。 その理由は、徹底的な分析と、本格的な経営指導にあるのですが、この不況下で、経営難にあえいでいる多くの経営者やビジネスマンの参考になると思いますので、よろしければぜひ、御社にてご取材頂ければ幸いです。   このリリースに関するお問い合わせ 株式会社 大和製作所 担当: 企画システム部 南木(なんき) http://www.mentenkeiei.com/ (麺店経営コム) 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4 TEL:  0120-45-1002  

「うどん」「そば」など和の製麺機メーカー・トップシェア企業が本格的に海外進出中。 国際安全のUL規格も取得。

香川県の製麺機メーカー、株式会社大和製作所(ヤマトセイサクショ・本社:香川県綾歌郡、代表取締役社長: 藤井 薫)は、後発メーカーながら「美味しさ」にこだわり、今やトップシェアメーカーに躍り出ました。 今では日本の麺文化を世界に広げるため、国際的にも最厳格のUL規格(電機と安全に関する規格)を取得、 米国にも本格進出し、各地で躍進中。 「ただ製麺機マシンだけ作っても、美味しい麺はできない。」その想いが募り、日本唯一の本格的な「うどん学校」まで開校している大和製作所には、アメリカや中国、カナダ、台湾、韓国からも外国人生徒が学びにくるほど。日本のうどん文化を本格的に海外に広げるため、この度、当社の製麺機はUL規格を取得しました。 ●UL規格とは: 「電機と安全」に関する国際規格で、取得には厳しい審査をパスしなければなりません。例えば国内では流通可能な製麺機でも、マシン内部総ての角を丸めないとパスしないため、国内製麺機メーカーでは弊社だけが合格しました。 ●麺文化を世界にひるげる理由: 麺は、小麦粉を製粉しているため消化しやすく、少子高齢化時代に最適。「食べやすさ」も、多忙で多様な時代に適応しています。 ●小麦粉が食糧難時代の主役になる:小麦は世界中どこでも栽培可能な上、連作障害がありません。米食の1/2~1/3という安価さから食糧難時代でも飢餓対策に最適。 ●日本の存在価値を高める「麺文化」: 「うどん」「そば」に代表される麺食は、麺業店舗のきめ細かい接客ともども、世界に誇れる文化。日本の価値を高めます。 よろしければぜひ、当社をご取材頂ければ幸いです。日本全国に営業所もあります。   このリリースに関するお問い合わせ 株式会社 大和製作所 担当: 企画システム部 南木(なんき) http://www.mentenkeiei.com/ (麺店経営コム) 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4 TEL:  0120-45-1002  

日本の「うどん」が、着実に海外に定着。ハワイ、シカゴ、香港、シンガポール等で 邦人・外人が続々、開店~繁盛店へ

香川県にある「うどん学校」には海外から多くの生徒が入学~卒業していますが、卒業生の「うどん店」は 今やニューヨークやハワイだけでなく香港やオーストラリア、シンガポールなどでも続々と開店しています。 業界トップシェアの製麺機メーカー、株式会社大和製作所(ヤマトセイサクショ・本社:香川県綾歌郡、 代表取締役社長:藤井 薫)は『美味しい麺』にこだわるあまり、麺店開業支援学校をつくり、これまでに 2000名以上の卒業生を輩出しています。 最近の大きな特徴は、海外からの受講生が右肩あがりに伸びていること。これまでの「うどん店海外進出」は、 日本の飲食店チェーンに限られていたのが、ここにきて、まったく異業種からの参入組や、個人での 海外初出店なども増えています。 異業種参入組では、外国の異分野企業(不動産会社や健康食品会社など)が弊社の麺学校を卒業して 「海外うどん店」を成功させる例もでていることから、外国資本が着目中で、今後、日本のうどん文化は、 さらに外国に広がると思われます。 現在、弊社の製麺機はシカゴの見本市に出展中ですが、今年度はシンガポールの他、世界各国での 見本市出展も予定されており、日本の麺文化の拡大に意欲的です。 日本国内では多くの企業が経営難にあえいでいるようですが、まだまだ日本独自のビジネスの種は たくさんありますので、国内の皆様への情報提供として、ぜひ、御社にてご取材頂ければ幸いです。   このリリースに関するお問い合わせ 株式会社 大和製作所 担当: 企画システム部 南木(なんき) http://www.mentenkeiei.com/ (麺店経営コム) 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4 TEL:  0120-45-1002  

香川県にある「うどん学校」卒業の「うどん店」は 大震災、節電、円高、 景況感の悪化・・・など、飲食大不況 でも、右肩あがりで業績を続伸中!海外からも生徒続出!

製麺機メーカーのトップシェア企業が開講する「うどん学校」 不況知らずのお店を世界的に輩出中!なぜ、メーカーが? 業界トップシェアの製麺機メーカー、株式会社大和製作所(ヤマトセイサクショ・本社:香川県綾歌郡、 代表取締役社長:藤井 薫)は、『美味しい麺』にこだわるあまり、麺店開業支援学校をつくり、 これまでに約2500名の卒業生を輩出しています。 「うどん店」は一般的には「未経験者でも簡単に出来、比較的、初期投資が低く粗利が良い」と 思われていますが、現実には年間、約3500店が開店し、ほぼ同数が閉店している大変なビジネスです。 リーマンショック後、特に大震災もあって、飲食店は今、氷河期の時代。 そんな中、大和製作所のうどん学校を卒業した生徒は、個人経営が主流ながら、 地元でも人気店として繁盛し、きちんと利益を出せているため、欧米や東アジアはもとよりブラジル、 ペルー、インドネシアなど、意外な国からの生徒も急増の人気ぶり。 その理由は、徹底的な分析と、本格的な経営指導にあるのですが、この不況下で、経営難にあえいでいる 多くの経営者やビジネスマンの参考になると思いますので、よろしければぜひ、御社にてご取材頂ければ 幸いです。   このリリースに関するお問い合わせ 株式会社 大和製作所 担当: 企画システム部 南木(なんき) http://www.mentenkeiei.com/ (麺店経営コム) 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4 TEL:  0120-45-1002  

ラーメン・うどん・そば店向け開業指南書がなぜかベストセラー 出版不況なのに、半年以上、売れ続ける「麺店開業指導書」

株価と「うどん店」売上高には、意外な相関関係があります 不景気ほど、うどん店が開店する。不況と開店の反比例! 香川県にある製麺機メーカーの株式会社大和製作所(ヤマトセイサクショ 代表:藤井 薫)は、 最後発にも関わらず、業界トップシェアとなり、今では世界シェアも拡大中となりました。 これは『美味しい麺』にこだわるあまり、麺店開業支援学校をつくり、輩出した麺店に成功事例が 続出していることによります。 その経験を活かし、「不況でも繁盛するラーメン・うどん・そば店の教科書」という書籍を昨年末発刊したところ、 半年経った今でも、書店ランキングのビジネス書部門1位をとり続け、後継書籍も7月2日に 発刊されることとなる人気ぶりです。 実は「うどん店」は一般的には「未経験者でも簡単に出来、比較的、初期投資が低く粗利が良い」と 思われていますが、現実には年間、約3500店が開店し、ほぼ同数が閉店している大変なビジネス。 そういった実態を明記しつつ、素人の方でも失敗しない「本格的な開業指南書」として人気を誇る この書籍について、ぜひご取材頂ければ幸いです。   ◆ランキング1位 (実績・抜粋)◆ ランキング1位 ⇒ 2012年1月第4週・2012年3月第2週・2012年6月第2週 (いずれもビジネス書部門・紀伊國屋書店 新宿本店・梅田店など) 2012年7月2日には、あさ出版より 「誰も教えてくれなかった 行列のできる麺屋のつくり方 ラーメン・うどん・そばのお店で確実に利益を上げる方法」が発売予定     このリリースに関するお問い合わせ 株式会社 大和製作所 担当: 企画システム部 南木(なんき) http://www.mentenkeiei.com/ (麺店経営コム) 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4 TEL:  0120-45-1002  

NHK「ルソンの壺」でも特集され、世界各国から生徒が集まる 日本一のうどん・麺店開業学校が北陸で出張講座

香川県が本校の「うどん・麺店開業学校 / 大和麺学校」は、日本人だけでなく外国人生徒も増えており、 卒業生の麺店は米国ニューヨークなどでもブレーク中。その出張講座を1年ぶりに9月3日~5日迄 金沢で開催 ■今春、日本政府がユネスコに「和食」を世界無形文化遺産として登録申請する等、注目が高まっている 日本食の、特にうどんや蕎麦、ラーメンの業界トップシェア・製麺機メーカー、株式会社大和製作所 (ヤマトセイサクショ・本社:香川県 代表:藤井 薫)は『美味しい麺』にこだわるあまり、 麺店開業支援学校をつくりました。これまでに、外国人を含めて約3000名の卒業生を輩出しています。 ■最近の大きな特徴は、海外出店をおこなう個人や海外からの受講生が増えているほか、グルメに人気の 「食べログ」サイトでは、同校卒業生の店舗がランキングで上位を寡占している状態です。 これは、麺店経営の経験がまったくないアマチュアでも、超プロとして育成できる教育内容が固まっている ことが要因といえます。 ■今回は、日本の麺文化の後継者育成をめざして、特に北陸エリアの方を対象に、国民政策金融公庫担当者の 資金調達情報を皮切りに、今から開業しようとするには必須項目の『麺店開業学校講座』の濃密 ダイジェスト版を開催致しますので、ぜひ貴メディアでもご取材頂ければ幸いです。 ■私どもでは新規開業者だけでなく、集客や売上減に悩む飲食店経営者向けにも 講義を行いますので、ぜひよろしくお願い申し上げます。   ◆大和麺学校・北陸ダイジェスト講座・詳細◆ 開催期間       本年 9月3日(月)   ~    9月5日(水) 会場           金沢流通会館(共同組合金沢問屋センター) 石川県金沢市問屋町2丁目61 Tel: 076-237-8585 http://www.kimassi.or.jp/kaikan.html 参加費         無料:但し3日とも出席できる方・定員があるため先着順 講義内容詳細  下記の通り 9月3日(月)開催時間:10:30~17:30 10:30~11:30 国民政策金融公庫セミナー(公庫担当様より資金調達について講話) 12:00~16:00 新規開業者向け・心得講座(麺学校・藤澤部長) 16:00~17:30 最新のうどん・ラーメン製麺実習 9月4日(火)開催時間:9:30~17:30 9:30~10:30 そば製麺実習 10:30~11:30 だしスペシャリストによるプロも納得の「だし講習」 11:30~12:30 最新のうどん製麺実習 13:00~15:00 麺専門店の“勝ち負け”の方程式 講義 ~本気の麺、本気の経営~(麺学校・藤井校長) 15:30~17:30 売り上げアップ講座 (圧倒的な、商品力・サービス力の上げ方)(藤井校長)… Read More