Kaoru Fuji

YAMATO MANUFACTURING Co.,Ltd

Archive for the ‘講演会・取材実績’ Category

【新聞】日本経済新聞に掲載いただきました。

2015/8/10 日経新聞に掲載いただきました。   おいしさ運ぶ厨房ロボ 具材均等味保つ、プロのコツ再現 2015/8/10付 情報元 日本経済新聞 電子版 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO90282640X00C15A8X11000/?df=2 薄く延びた粘土状の生地を通すと、設定通りの太さのうどんが 心地よいスピードで1本ずつ切り分けられていく。 小型製麺機メーカー大手、大和製作所(香川県宇多津町)の製麺機「真打」は (1)練り(2)足踏み(3)延ばし(4)切り――という手打ちうどんの製造工程をすべてこなす。 プロの麺職人が体得したコツを機械に落とし込み、誰がどこで作っても狙いどおりの 麺ができるようにした。製麺会社に頼らなくても店内で自前の麺を用意できる。 東京都内の事業所で操作法を教えていた大和製作所の従業員は 「他の料理をあまりしたことがないという人でも開業できます」と笑顔で話す。 実際、同社の真打でうどんを作っている様子は料理というより、粘土細工に近い印象がある。 うどんには、もちもちとした食べ応えを左右する成分「グルテン」を壊さないように作った 「多加水麺」という麺を用いる。通常は麺棒を使い生地を縦や横に延ばして作るが、 延ばし方によってうどんの麺の食べ応えが変わってくる。 大和製作所の真打は生地に含まれているタンパク質の状態や麺の質、糖質の変化を数値化する。 そのうえでどのような麺にするのか。どこまで柔らかく仕上げるのか、 麺のコシをどこまで強くするのかといった要望により操作方法を調整する。 大和製作所はラーメンの麺を作る機械「リッチメン」も製造している。 グルテンを傷つけないようにするため、小麦粉を練る部分では板状ではなく、 棒状の羽根を使っている。人の手で練ったのと同じような仕上がりになるという。 麺を切り分けるときには1玉の量を自在に調整できる。 川崎重工業のエンジニアだった藤井薫社長(67)が大和製作所を創業したのは1975年(会社設立は80年)。 80年代から海外展開に乗り出し、米国や欧州向けに製麺機を改良してきた。 「海外にはすでに数百台を出荷した」(藤井社長) 有力グルメサイトに掲載されている有名店やニューヨーク随一の日本料理店など 世界中に導入されている。藤井社長は毎月のようにアジアや欧米を回り、 現地の市場動向を調べたり、素材をチェックしたりしている。 ラーメンやうどんはアジアで人気が高まっている。海外では麺工場から理想的な生麺を仕入れるのは難しく、 店内に設置できる大和製作所の機械の導入余地は大きい。 「海外の店で日本食の味が良くないのは仕方ない」。 そんな常識を崩すのは黒子であるメーカーの技術力かもしれない。    

RNC 西日本放送 香川大学ミニMBAの様子がネットに掲載されました。

RNC 西日本放送 香川大学ミニMBAの様子がネットに掲載されました。 大和製作所の様子やセミナー、製麺の様子が放送されています。 https://www.rnc.co.jp/news/index.asp?mode=1&nwnbr=2015051908 日系ブラジル人研修生 経営学ぶ 動画 5/19 17:30 日本の経営を学ぶため、ブラジルから日系人研修生が香川県内の企業を訪れています。 香川県を訪れているのは、ブラジルの民間企業に勤める人や公務員、学生など8人です。 12日間の日程で香川県内の企業を視察したり、香川大学で経営に関する講義を受ける予定で、 製麺機などを販売する宇多津町の会社(大和製作所)を訪れ、セルフ式のさぬきうどん店を例に、飲食店の経営手法を学びました。 この研修は、香川大学が国際協力機構・JICAからの委託を受け、去年に続いて行いました。 研修生の中には将来、独立して会社経営を考えている人も多く、最後に出店プランなどを提案するということです。

【日本国際放送(NHKワールドTV)】TOKYO EYE(トウキョウ・アイ)に出演します。

NHKに取材され、放送日が決まりました。 【放送予定】 2月4日(水)・・・全世界に国際放送 2月7日(土)・・・国内放送3:30~4:00 【番組名】 「TOKYO EYE (トウキョウ・アイ)英語番組:28分 スタジオナビゲーター:クリス・ペプラー http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/tokyoeye/index.html 【放送地域】 全世界 【放送予定】 ■NHKワールドTV(海外放送) ・本放送: 2015年2月4日(水) 9:30~9:58/ 15:30~15:58/ 21:30~21:58/27:30~27:58 ※上記の日時にインターネット(http://www.nhk.or.jp/nhkworld/ 画面右端 「NOW ON AIR」欄)でも同時放送されます。 ・国内放送:BS1にて ※放送日未定 【制作意図】 東京を訪れる外国人は年間1,000万人を超え、首都圏に住む外国人も100万人に達しようとしている。 NHK国際放送ではこうした現状を踏まえ、社会、文化、歴史、 生活に関する様々な東京の情報を広く世界に向けて発信する。 2020年東京オリンピックの開催決定により、 」今後世界からさらなる注目を集めるなか、国際都市・東京が持つ多様な価値、魅力、可能性を伝えていく。 【今回の企画】 国民食から今や世界に通じる味となった「ラーメン」。 シンプルでありながらも限りない可能性を持つラーメンは、企業家にとっても大きな夢を託すことができる魅力がある。 これまでに3,000人余りの卒業生を国内のみならず世界へと送り出してきた「大和麺学校」では、ラーメン作りの基礎から経営までを短期間の集中講座で学ぶことができる。最新の厨房設備と経験豊かな指導スタッフの下行われる講習の模様を取材、わかりやすく実践的な講習内容、ラーメン作りにかける人々の意気込みなどを伝える。 ㈱日本国際放送(NHKワールドTV)

中小企業もAdWordsなどGoogle活用で海外展開を、製麺機や弁当箱で成功事例として、紹介いただきました

Googleでの会見をNewsに掲載いただきました。 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20141110_675309.html 以下「INTERNET Watch」より転載させていただきます。  Googleは10日、「Helping Small Business Go Global(世界に誇る日本を海外へ)」と題して、インターネットを活用し、日本の製品を世界に展開する中小企業の取り組みを紹介するプレスイベントを開催した。  Googleのケビン・オケイン氏(アジア太平洋地域Small & Medium Businessマネージングディレクター)は、インターネットの普及によって中小企業であっても海外展開が容易になり、海外へのアピールにはインターネット広告が活用されていると説明。日本の中小企業の海外への広告配信額は昨年比で2倍になり、日本から海外への広告配信先としてはアジア地域が最も多いというデータを紹介した。 Googleのケビン・オケイン氏  一方で、日本の中小企業全体で見ると、インターネットの利用は世界に比べてまだ不十分なレベルであり、インターネットを活用することで企業は世界中から顧客を見つけることが可能になるとして、そのためにGoogleの広告商品やツールを活用してほしいと訴えた。  オケイン氏は、世界からの日本に関する検索の動向を紹介。日本についての検索は全体的に増加傾向にあるが、分野別では和食への関心もあって「食」に関する検索が最も多く、日本発のファッションへの関心の高まりを受け、2014年には「ファッション」分野が「観光」を上回ったという。  地域別に検索動向を見ると、アジアでは「観光」の検索割合が高く、欧州では「ファッション」、北米・南米では「食」の割合が高いといったように地域ごとの違いがあり、さらに国別の違いもあると説明。こうした違いは「Googleトレンド」のようなツールを使うことで見ることができ、企業にとっても自身の顧客がどの国や地域にいるのかを発見できるとした。 世界からの日本に関する検索動向 地域別の検索動向  また、世界中でモバイルへの移行が進んでいるが、特にアジア地域はスマートフォン普及率世界トップ2の国(シンガポール、韓国)が存在するなど普及が急速で、ユーザーの商品選びから購入まですべてがモバイルで行われるようになってきていると説明。発展途上国ではスマートフォンからインターネットの普及が進んでおり、こうしたユーザー層にリーチするためにモバイル対応が重要になっているとした。  オケイン氏は、世界への輸出を考える日本の企業にとっては、モバイルへの対応、広告による世界中の顧客へのリーチ、ツールを活用した広告効果測定の3点が重要なポイントだとして、こうした企業を手助けする広告やツールをGoogleでは提供しており、ぜひ活用してほしいと呼び掛けた。 企業が理解すべき3つのポイント  独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の山口大介氏は、日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査の結果を紹介。「今後は輸出を拡大したい」という意向は特に中小企業で顕著で、理由としては「国内需要の減少」よりも「海外需要の増加」を挙げている企業が多いという。  海外展開における課題としては「海外でのビジネスパートナー」を挙げる割合が高く、JETROでも「アジア・キャラバン」「アセアン・キャラバン」として、海外の各都市で商談会などを実施。また、中小企業がSNSなどを使って、直接海外のバイヤーにコンタクトするといった事例も増えており、JETROでもこうしたネット活用をまとめたレポートなどを配信しているため、企業に活用してほしいとアピールした。 JETROの山口大介氏 企業の海外輸出意向 JETROのアジア・キャラバン 中小企業のSNS活用事例 ネット活用のレポートを公開  インターネットを活用して海外に日本の製品を輸出している企業としては、和傘や提灯などを販売している有限会社辻倉商会、製麺機を販売している株式会社大和製作所、日本の弁当箱を海外に販売している株式会社BERTRAND(Bento&co)の3社の事例を紹介した。 (左から)Googleのオケイン氏、辻倉商会の木下基廣氏、大和製作所の南木有希氏、Bento&coのベルトラン・トマ氏  辻倉商会では、2012年からインターネット広告を活用。日本の伝統工芸品や文化に興味を持つ海外からの観光客が、京都の店舗に直接来店することが増えたことから、インターネットを利用した海外展開を思い立ったという。広告については、検索連動型広告とモバイル広告に特化したことで、公式サイトのページビューは2年で倍増し、海外からの売上も3倍に増加。現時点では海外の購入割合は2割程度だが、将来的には5割まで伸ばしていきたいとした。  大和製作所では、2004年からAdWordsを使って全世界に広告を出稿し、どの国からの問い合わせがあるかを検討。問い合わせが入る国が徐々に分かってきたため、最近では米国やシンガポール、韓国などに製麺機と製麺の講習会に関する広告を出稿。また、サイトにアクセスしたことのあるユーザーを対象に広告を配信するリマーケティングの手法も、広告効果が高いとした。  Bento&coは、オーナーのベルトラン・トマ氏が、日本の弁当箱をフランス向けに販売するために2008年に立ち上げたECサイト。日本のアニメやマンガなどに登場する「弁当」への関心が当初は高かったが、より幅広い層にアピールするため、日本の料理や食品に興味のある人をターゲットとしてAdWordsを配信。一般消費者だけでなく、ホテルやレストラン、ショップのバイヤーなどからの問い合わせも増え、バイヤー向けのサイトも開始し、卸販売も好調だという。 和傘や提灯を扱う辻倉商会 製麺機を扱う大和製作所 弁当箱を扱うBento&co

【新聞】日本経済新聞に掲載いただきました。

2014/10/23 日経新聞に掲載いただきました。   香川産唐辛子を使った食品開発続々 2014/10/23 8:07 情報元 日本経済新聞 電子版   http://www.nikkei.com/article/DGXLZO78758950S4A021C1LA0000/ 香川県内の食品会社が県産唐辛子「香川本鷹(ほんたか)」を使った商品開発に取り組んでいる。ミトヨフーズ(三豊市)は辛みとうまみを生かした総菜の商品化を進める。製麺機大手、大和製作所(宇多津町)グループの食品会社は本鷹をだしに使った讃岐うどんを発売した。地元産品を生かしてブランド力を高め、高付加価値の商品開発につなげる。 ミトヨフーズは月内にも三豊産の本鷹とエノキダケなどを使った総菜を発売する。うま味調味料を使っていない点が特徴で、健康志向の高い顧客層などを対象に当初は自社サイトなどを通じて販売する。内容量は瓶入り約145グラムで価格は430円(税別)の予定。 年内には本鷹と伊吹島(観音寺市)産のちりめんを使った総菜も商品化する。自社サイトや県産品店を皮切りに、来年以降は全国の百貨店などに販路を広げる。同社の担当者は「うま味が強い本鷹の味を広めていきたい」と話す。 本鷹を生かした商品開発は、2013年から三豊市内の農家と連携して始めた。かがわ産業支援財団の支援も受ける。本鷹を使った商品などを新たな柱に育て、3年後の17年9月期には、14年9月期の倍となる2億円の売上高を目指す。 大和製作所のグループ会社の讃匠(宇多津町)は本鷹を使った独自開発のしょうゆを使った讃岐うどんを発売した。通販サイトなどで人気を集めている。他の讃岐うどんメーカーでも麺に香川本鷹を練り込んだ商品を開発するなど、本格的な辛さを好む消費者の開拓に取り組んでいる。 本鷹は長さが一般的な唐辛子に比べ2、3倍の7~8センチメートルに育ち、強い辛みとうまみが特徴。かつては丸亀市手島などの塩飽(しわく)諸島を中心に県内全域で栽培され、全盛期の1960年代には海外にも輸出していたという。その後は中国産などの低価格な輸入品が主流となり経済栽培は途絶え「幻の唐辛子」とも呼ばれた。 ここ数年で県産品として栽培復活への取り組みが進んでおり、手島のほか、三豊市の荘内半島での栽培が広がっているという。県農業生産流通課によると、本鷹を生産する農家は三豊市で20軒程度。県は「本鷹を使ったレシピの作成や認知度向上に向けた支援活動に取り組んでいく」としている。  

【ラジオ放送】 TOKYO FM 「フロンティアーズ ~ 明日への挑戦」に出演します。

TOKYO FM 「フロンティアーズ ~ 明日への挑戦」 毎回1人の方を主人公に、その人物のインタビューを通して「技術」と「ライフストーリー」にせまる30分のドキュメンタリー番組です。 製品開発にかける熱意・技術を、インタビューを通して紹介。 11月1日 土曜 18:00-18:30 ※エリアにより放送時間が異なります。下記参照くださいませ。 TOKYO FM (土)18:00-18:30 FM OSAKA (土)18:30-19:00 FM AICHI (土)12:30-13:00 AIR-G’ (土) 18:30-18:55 Date fm (土) 12:30-13:00